土地の名義変更をしたらお金はいくらぐらいかかる?

土地の名義変更を行うには、当然費用がかかります。

まず、司法書士に依頼する手続き費用がかかります。

書類を取得するための諸経費などもかかりますし、そして、忘れてはならないのが「税金」です。

名義変更にまつわるお金にはケース別でどういったものがあるか、きちんと把握しておきましょう。

【司法書士への報酬の相場】

司法書士への報酬ですが、手続きの内容により相場が異なります。

特に相続による名義変更の場合は、必要書類を揃える手間がかかるため高い傾向にあります。

書類の用意と手続きもすべて含めると50000~70000円ぐらいが相場となります。

遺産分割の場合は遺産分割協議書の作成費用として別途10000~20000円ほどかかります。

贈与・財産分与・売買の場合は40000~60000円ほどが相場となります。

【土地の名義変更にかかる税金】

土地の名義変更の手続きには、どのケースにおいても「登録免許税」と呼ばれる税金がかかります。

固定資産税評価の割合で計算しますが、割合はケースごとにそれぞれ異なり、手続き時に支払います。

贈与の場合は、登録免許税のほかにさらに2種類の税金がかかります。

・不動産所得税

 贈与を受けてから、約6ヶ月後に税務署から納税通知書が届きます。

固定資産税評価額の4%となります。

・贈与税

 土地の評価額から基礎控除の110万円を引き、税率をかけた額が課税額になります。

確定申告の時期に申告する形になります。