UR賃貸住宅にしてクルマを普段使い

カーシェアリングの仕組みって、とってもシンプルなんです。

UR賃貸住宅の団地の中にある、カーシェアリングのサービスに申し込み会員になると、クルマが普段使い出来るようになります。

クルマの普段使いっていうのは、例えば15分だけクルマを使えるっていうことです。

ちょっと友達のところまで重いものを運びたいっていうときにクルマを使えるっていうことです。

しかも15分200円ですから、2キロさきの友達の家まで往復すると距離料金は4キロ、1キロ15円ですから60円です。

こういう普段使いなら260円しか掛からないんです。

タクシーを探す必要もありませんし、しかもこんなに安いんですから、カーシェアリングでクルマを使わない手はないですよね。

しかも、レンタカーのような手続きはいらないんです。

クルマを予約して使って、戻すだけなんです。

支払いはクレジットカードからだから、現金をどこかで支払う必要もないんです。

利用料金にはガソリン代も税金も自動車保険料も車検代も駐車場代なんかも全部含まれていますから、自分たちでクルマを維持するために使った費用や時間のことを考えると、もっと早くUR賃貸住宅の団地に引っ越してきておけばよかったと思ってしまいます。

This entry was posted in カーシェアリング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.