土地の名義変更に必要な書類についても確認しよう①

土地の名義変更は法務局に登記申請書と必要書類を提出し不備がなければ完了となりますが、いちばん難しいのがその必要書類です。

司法書士が行う場合は必要書類はすべて揃えてくれますが、ご自身で手続きされる場合は不備が出やすいため注意しましょう。

ここでは、ケース別に必要な書類について案内します。

【相続の必要書類】

相続の場合、法定相続・遺産分割・遺言書による相続によって書類がさらに細分化されます。

①法定相続

法定相続とは、亡くなった方の法定相続人が民法による割合で決められた財産を相続することになります。

・被相続人(亡くなった人)の戸籍謄本、住民票(除票)

 生まれてから亡くなるまでのすべてが記載された除籍謄本や改正原戸籍が必要となります。

・相続人の戸籍謄本、住民票、印鑑証明書

 被相続人が亡くなった後の日付のものが必要です。

・土地の登記済権利証または登記簿謄本

・固定資産税評価証明書または固定資産税の納税通知書

※名義変更関連記事のご紹介⇒土地・建物・預貯金…「名義変更」するだけで、こんなにトクできます(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

②遺産分割

遺産分割とは、複数の相続人が法定相続とは違った配分で相続をする手続きになります。

必要書類は法定相続の書類の他に以下のものが必要となります。

・遺産分割協議書

 相続人全員が遺産分割について協議をしたことを証明する書類になります。

協議は必ずしも全員集まって行う必要はなく電話などでも可能です。

協議した旨を明記するほかに、土地に関する情報・被相続人の情報・相続人全員の情報・相続人全員の署名・捺印が必要です。