土地の名義変更が必要な理由はいくつかある

いろいろな事情で土地を手放さなければいけなくなったり、土地の所有者が亡くなったりと、土地の名義変更を行う理由はさまざまです。

名義変更を行う理由には、以下のようなものがあります。

■注目記事■http://suumo.jp/journal/2017/10/16/143060/(SUUMOジャーナルより)

【土地の名義変更を行う主な理由】

①相続

先祖代々住んできた持ち家で育ってきた場合、土地の所有者が亡くなった際に名義変更が行われます。

手続きを行うのは配偶者や子供などの法定相続人になります。

相続人の数が多かったり、遺言状の有無などにより用意する書類が異なります。

②贈与

財産整理の一つとして、生前贈与というかたちで土地の名義変更を行うケースもあります。

手続きは贈与する側とされる側の両名が行います。

注意点は税率の高い「贈与税」がかかることです。

③離婚

離婚により財産分与を行うために土地の名義変更を行う人もいます。

また、結婚した際に共同名義で土地を買った場合などは、離婚によりどちらか一方の名義にする必要があります。

この場合は夫婦二人で手続きを行うことになります。

離婚が成立したあとに手続きを行わないと贈与とみなされてしまうので、離婚後の手続きが必要でありそれを証明する書類が必要です。

④ 土地の売買

資金が必要になったり引っ越しにより土地を手放すことになった場合は、土地を売ることができます。

この場合は売るだけでなく、名義も買主へ変更が必要となります。

売主と買主の両方で手続きを行います。

他の理由と比べていちばん簡素な手続きになります。