いつかは必要になる?土地の名義変更について知っておこう

「土地の名義変更」と聞いて、皆さんは何を想像するでしょうか?

一般的には「相続」や「手続きが難しそう」といったイメージを抱くのではないでしょうか?

確かに土地の名義変更は理由なく簡単に行えるものではありません。

ですが、もし皆さんが親御さんの持ち家にずっと住んでいてこれからも跡取りとして住む場合や、どうしても土地を売却しなくてはいけない場合などが生じてくるかも知れません。

まずは土地の名義変更について学ぶことで、今後の参考にしてみましょう。

土地の名義変更は基本的に「本人」が行います(死亡による相続の場合は相続人)。

ですが、実際に本人がすべての手続きを一人で行うわけではありません。

もちろんご自身でできないわけではないですが、取得する書類がたいへん多く、手続きも煩雑なため時間がかかります。

また、名義変更を受け付けている法務局での手続きは平日になるため一般のサラリーマンには難しいでしょう。

手続きは司法書士に依頼するのが一般的です。

【土地の名義変更の手続きの流れ】

名義変更の手続きはその土地を管轄している法務局で行います。

法務局から登記申請書をもらい、必要事項を記入してから添付書類を添えて提出します。

添付書類は、名義変更の理由が相続や売買などの内容により異なります。

大体の期間ですが、書類を提出して不備がなければおおむね10日~14日程度で手続きが完了します。

手続き完了後に変更後の所有者の権利証が発行されます。

★Check…まずは相談!不動産名義変更手続センターなら無料で相談できます。